KOHARU日和

見たテレビ、読んだ本、感動した映画など、日々感じたこと

「隗より始めよ」とは? こんな時だからこそ、意識を自分に向けたいものです。

f:id:masal1201:20200419112724j:plain

「隗より始めよ」

住職にいただいたポスターを紹介します。

 

大きなことを成し遂げるためには、まずは身近なことから始めよう

 「隗より始めよ」とは、

中国の戦国時代、燕の昭王が「どうすれば賢者を招くことができるか?」

と郭隗という官人に聞いたとき、

「まず私のような凡人を優遇することから始めて下さい。そうすれば優秀な人材が集まってくるでしょう」と言ったという話から生まれた故事です。

(『戦国策・燕』より)

 

いきなり優秀な人間を集めようとしても難しい。

今いる人を大切にすることから始めましょう、ということではないでしょうか。

 

現代にも通じる話ですね。

どの会社でも、能力があり不満を言わず、熱心に働く社員がほしい。

しかしそんな人、簡単に集まるわけがありません。

まずは自社の人間を優遇することから始めるべきなんですね。

 

 

外に向いている意識を自分に向けること

今、自分にできることは何だろう。

 

 

イチロー選手が言ってました。

「第三者の評価を意識した生き方はしたくない。

自分が納得した生き方をしたい」

 

イチロー選手が言うと重みがあります。

自分の信じた道を歩き、ひたすら努力を重ねて結果を残した人ですから。

 

私はすぐに第三者の評価を気にしてしまいますよ。

単純なので、褒められるとうれしい。

「何でそんなことしてるの?意味あるの?」などと批判されるとへこみます。

 

しかし、批判を怖がって何もしないのが一番ダメ。

 

人に何を言われようと自分の信じた道を歩き続ければいいんです。

 

まずは自分に今できることからやってみる。

「隗より始めよ」

とは、そういうことだと思いました。

 

 

自己とは何ぞや、これ人生の根本なり

f:id:masal1201:20200419122823j:plain

自分とは、人に評価されるために生きているわけではないんですよね。

どう思われようと、まずはやってみないと。

 

自分が納得できる挑戦を続けてみよう。

たとえ失敗しても、成功するまで続ける。

自分で自分を褒めてあげればいいじゃないですか。

 

「自己とは何ぞや、これ人生の根本なり」

とは、近代教学者の清沢満之師が残された言葉。

他者に惑わされない「自己」と成ること、
それが「人生の根本的問題」ですよね。

 

国難である現在、自分が大きく変わることができる時だと考えています。

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。