KOHARU日和

見たテレビ、読んだ本、感動した映画など、日々感じたこと

梅雨時期の体調不良は食事で改善!~「湿邪」からの養生法

f:id:masal1201:20200618052440j:plain


梅雨入りすると体調不良になる原因は「湿邪」

梅雨時期に長雨が続くと、湿度が高くジメジメしますね。この時期は食中毒が多く、ダニやムカデなどの害虫が増えやすくなります。体が重だるくなり健康を害しやすいので注意してください。除湿を心がけましょう。

 

中医学では自然の気象変化を「風・寒・暑・湿・燥・火」の六気と表現し、これらが過剰になると「邪気」となって体に影響を及ぼすと考えます。雨が多くなる梅雨時期は「湿邪」が体のバランスを崩してしまうのです。

 

f:id:masal1201:20200618052631j:plain

梅雨の湿邪がもたらす体調不良の特徴

この時期は気圧の変化が激しくなります。雨が続いたと思ったら急に暑くなり、雨の寒さと蒸し暑さに体がついて行けません。着る服を選ぶのも悩ましい時です。寒暖差と気圧の変化が体に大きなストレスを与えます。

 

湿気が多くなることで体に起こる異変は、中医学で脾胃といいますが、胃腸(消化器系)に多く現れます。食欲不振や胃のもたれに気をつけましょう。手足のむくみや頭痛、下痢、関節痛、残尿感なども湿邪の特徴です。

 

体内の水分代謝が悪くなると、女性の場合生理痛・おりものが増えるなどの症状も見られます。湿邪は重く、粘り気があるのが特徴です。

 

また、悩み事や心配事も脾気を傷めるます。くよくよしないことが大事ですから、ストレスの原因は早めに解決しましょう。

 

 

梅雨明けに向けてしっかり体調管理。食べ物で対策しよう

梅雨時期は脾胃(消化器系)を養うことがポイント。今は冷たいものや生ものは避けた方がいいでしょう。甘いものも湿がたまりやすいので控えめに。

f:id:masal1201:20200618055447j:plain

 

脾胃の働きを良くするオススメの食べ物はいも類(里芋やじゃがいも)、鶏肉、とうもろこし、豆類(インゲン豆、大豆類)、しいたけなどを食事に取り入れてください。

 

f:id:masal1201:20200618055110j:plain

むくみが出て体がだるく、食欲がない人は湿邪の影響で脾の運化作用が弱っています。豆腐や納豆などの大豆製品を食べましょう。薬味に生姜やネギを入れると良いです。かぼちゃ、らっきょう、蕎麦もオススメ。

 

ジャスミン茶でリラックスしよう。

f:id:masal1201:20200618054211j:plain

足のむくみに効果的なツボは?

体には360を超えるツボ(経穴)があり、人によって効果も様々です。ここでは足のむくみによく使われるツボをご紹介します。

足三里

vitalforcejp.com湧泉

vitalforcejp.com

築賓

vitalforcejp.com

むくみが年中ひどい人はこちらを参考にしてください。

vitalforcejp.com

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。