KOHARU日和

見たテレビ、読んだ本、感動した映画など、日々感じたこと

太る原因は口癖にあった?大規模アンケートから見えた共通点とは

若い頃は細かったのに今は…。

昔お気に入りだった服が着られない…。

何でだろう、と思っている人に興味深い統計でした。

 

3月4日(水)放送のフジテレビ「ホンマでっか?TV」

f:id:masal1201:20200329120510p:plain

https://www.fujitv.co.jp/honma-dekka/より引用

 

番組では下記の条件に合う220名に対し、50項目の大規模アンケートを実施しました。

20歳から20キロ以上太った人 110名

20歳から体重が変わらない人 110名

ここから意外な共通点が明らかに。

 

太る人がよく言う「口癖」は?

意識しなくてもつい出てしまう口癖。

本音が隠れているのか、太ってしまった人と体重が変わらない人では大きな違いがありました。

《20才から20キロ以上太った人の口癖ベスト3》

1 疲れた

2 眠い

3 まっいいっか

疲れた、眠いはストレス状態にある時出てしまう言葉。

専門家によると、そんな時は甘い物を求めてしまうようです。

だから太るのか…。

 

ちなみに《20才から体重が変わらない人の口癖ベスト3》は、

1 ありがとう

2 とりあえず

3 たしかに、なるほど

 

ストレスを感じにくい人がよく使う言葉かもしれません。

 

口癖が口癖を呼ぶそうで、「疲れた」とよく言う人は周りからも疲れたと言われやすいのだとか。

 

良い言葉を使っていると、行動が変わる可能性があると考えられます。

 

「あー、疲れた」って言っちゃうよなあ。

 

f:id:masal1201:20200329134052j:plain

写真はイメージです

 

太る 原因 「コンビニでつい買ってしまうもの」

コンビニに寄った時、つい買ってしまうものも特徴的でした。

 

《20歳から20キロ以上太った人がコンビニでよく買うものベスト5》

1 スイーツ

2 ホットスナック

3 アイス

4 パン

5 おにぎり

 これは誰でも買いますよね。

 

《20歳から体重が変わらない人がコンビニでよく買うものベスト5

1 コーヒー

2 チョコレート

3 スイーツ

4 アイス

5 パン

 

ここで特徴的だったのが、あまり太らない人が好むものが

コーヒーとチョコレート

だったこと。

 

司会のさんまさんも好んでいました。

さんまさんはずっと何年も体重が変わらない人。

コーヒーに含まれるカフェインは脂肪分解作用が強いため、飲んだ後よく運動するとダイエットに効果的ということです。

 

また、チョコレートにはダイエット効果とむくみを予防する効果があります。

チョコレートポリフェノール →血流を改善しむくみ防止効果あり

定期的に摂取すると脂質代謝が上がりダイエット効果も期待できると説明されていました。

 

1日200kcal未満であれば普通のチョコレートでもよいそうです。(板チョコ1枚くらい)

 

食べる時間も大事で、

BMAL1という脂肪細胞を作り出すタンパク質は14時が最も低くなります。

 

ということは、午後2時に食べると太りにくいのです。

「3時のおやつ」は理にかなっている訳ですね。

文明堂のカステラは当を得ていたわけです。

 

BMAL1の活性は14時が最も低く、夜10時に向かい上昇するため、

夜中に食べると太ります。

 

コーヒー・チョコレート・タバコを好む → 香り・フレーバーを楽しみたい人 

スイーツ・ホットスナック・アイスを好む → 味覚・旨みを楽しみたい人

といえます。

 

どちらが太るかは一目瞭然ですね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。